Excelの縦長な表を簡単にキャプチャできる「カメラ機能」とは?

Excel

 

依頼主

集計データを、画像で貼り付けてください!

なるはやで!

在宅ワーカー
主婦

うわ!データが80行もある。

画面に収まりきらないから見える範囲ごとに画面キャプチャして…あとで合体させよっと。

 

画面キャプチャ後画像をつなぎ合わせ、仕上がりをプレビュー

 

在宅ワーカー
主婦

ぎゃー!画像を繋げ合わせたら表が微妙にズレてる!

カッコ悪い!

 

Excelの表を画像化して貼り付ける時、どのようなツールを使っていますか?
特に縦長の表の場合、ウィンドウで見える範囲ごとに区切ってキャプチャし、あとで1つの画像にまとめていませんか?

そんな時はExcelのカメラ機能を使うと指定した範囲全体をキャプチャできるので、スピーディーに作業できてオススメです!

スポンサーリンク

Excelのカメラ機能でどんな事ができる?

具体的にどんな機能か、見てみましょう。

Excelへ貼り付ける

カメラ機能は「ホーム」→「貼り付け」→「リンクされた図」と、ほぼ同じ。
貼り付け元データを修正すると、貼り付けデータも更新される。

 

一方、「ホーム」→「貼り付け」→「リンクされた図」を行った場合、以下のように背景が透明になる。背景を白色にすると、カメラ機能を使用した時と同じ見え方になる。

その他のソフトへ貼り付ける

画像として張り付くのみ。元データの更新は反映されない。

スポンサーリンク

機能の使い方

「クイックアクセスツールバー」に表示させる

  1. 画面左上のアイコンが並んでいる箇所で右クリック→[クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックします。
  2. 以下①~⑤の手順で、カメラ機能のボタンが表示されるよう設定します。
  3. Excel画面左上に、カメラアイコンが表示されました。

実際の使い方

  1. 画像化したい箇所をドラック、もしくは[shift]キーを押しながら範囲指定する。
  2. [カメラ]ボタンを押す。
  3. 貼り付けたいExcel、他アプリケーションへ貼り付ける。

*なお、カメラ機能のショートカットキーは[alt]キーを押しながらアイコンで表示される数字を押すことで実現します。

以下の場合、[alt]と2を押すことで、カメラアイコンを押したことと同じ動作になります。

 

メリットとデメリット

カメラ機能を使うことのメリットとデメリットは、何でしょうか?

メリット

  • 好きな範囲を選択して画像化できるので、縦に長い表を1回の操作で画像化できる
  • Excel内であれば、元データを修正 → 貼り付け先画像のデータも自動更新される
  • ショートカットキーを使って、スピーディーに作業できる

デメリット

  • 初回のみ「クイックアクセスツールバー」などで、表示設定する必要がある

まとめ

Excelのカメラ機能、いかがでしたか?

画面に収まりきらないほどの大きな表など、画像化して貼り付ける場合にはとても役立つ機能です。

画像化した後に文字や数値の変更があっても、元データを直すだけで貼り付けた画像も自動更新するので、再度画面キャプチャしなくてよいのもGoodポイントです。

最初だけ設定が手間ですが、それ以降はショートカットキーなどで手軽に使えることを考えると、Excelで設定しておきたい機能の1つと言えるでしょう。

Excel
スポンサーリンク
Amiをフォローする
スポンサーリンク
主婦de在宅事務ワーカー

コメント

タイトルとURLをコピーしました